本文へジャンプ





私たち「ほのぼのシルバーサービス」 は、”寝たきり”あるいは”歩行困難”といったような状態にある高齢者の方がいらっしゃるお宅に訪問し、国民健康保険や社会保険などの各種医療保険を利用 した「在宅・訪問マッサージ」を行っています。もちろん、その施術は医療の枠内で行われるものです。医師の指導、同意があって、初めて可能となる往療であ ることはいうまでもありません。
以前に比べ れば今日、在宅介護サービスは目覚しく普及し、生活上での問題はずいぶん解消されてきています。ところが、医療的なケアー部分となると専門の資格が必要に なり、とかく家庭内では簡単ではありません。退院後の在宅でのリハビリ、医療マッサージについては、介護者もなにをどう対応すればいいのか分からないの が、これまでの現状でした。
そんな中、定期 的に、「在宅・訪問マッサージ」を受けられた方、ご家族の方から私たちに、たくさんの声を頂きました。ありがたいことに、そのほとんどが「感謝している」 「もっと早く知っていれば・・・」というものでした。近頃では医師の先生方だけでなく、ケアーマネージャーの方々からも、ご相談、アドバイスを頂くケース も少なくありません。今日この在宅サービスが、介護ネットワークの一環として機能し、支援活動となることは、従事する私たちにとっても大きな喜びとなって います。




どれだけ高度な技術を修得していても、もし、心の温かさや、やさしさに欠けていたら・・・・・・
それは「真の施術」とはならない。





介護としての施術は、それを受ける人のそれぞれの心の想いにまで届いて・・・・・・
初めて本当の力が発揮されることを。